会社概要

Syrris(シリス)は、世界TOP20に入る製薬企業だけでなく、多くの企業、第一線の学術機関で利用されています。

 

A chemist setting up Syrris Titan flow chemistry scale up system for use
A photograph of Syrris employees in the Royston office
A photograph of Syrris employee, Leandro, with a plate of meat during the Syrris Summer BBQ

Syrris’ background

Syrrisは、イギリスケンブリッジ近郊のロイストンに本社を置き、技術支援とサポートをお客様に提供しています。

私たちは、製薬、大学、石油化学、CROなどで従事される化学者の方々のために使い易く自動化された製品をデザインし、開発、販売することに誇りを持っています。

弊社は豊富な製品ラインナップを有しており、化学合成からプロセス最適化、反応分析、結晶化、熱量測定、スケールアップなど、広範囲なアプリケーションをカバーしています。

その中で現在事業の柱となる製品は、バッチ反応フロー反応スケールアップ、そして反応熱量測定です。

Statistics

60
ネットプロモータースコア

高い顧客ロイヤルティ

8
オフィス

英国に4か所、アメリカ、日本、インドそしてブラジル

40
代理店

世界中のお客様に対応

代理店を検索する

会社沿革

 

2001年8月 Mark GilliganとRichard Grayによって設立
2004年 完全自動マイクロリアクタシステム「Africa」発売
2005年 米国マサチューセッツ州ボストンに法人組織として拠点を設立
2006年 自動化バッチ反応製品の「Atlas」発売
2007年 中国やインドを含む代理店のワールドワイドネットワーク構築を開始
2008年 Syrris Japan 設立
2009年 Syrris India 設立

シンガポール、ノルウェー、ベルギー、ドイツ、タイなど15カ国の国々で代理店を契約

2010年 Syrris Brazil 設立

フローケミストリー用のポンプ「Asia」、Atlasシリーズ「Sodium」と「Potassium」 発売

2012年 Asia Flow Chemistry System」がR&D 100 Awardを受賞
2015年 低価格の卓上ジャケットリアクター「Orb」発売
2017年 Orb Pilot」「Titan」発売
A Glass Solutions' glassblower, creating a glass vessel for an Atlas HD automated chemistry reactor
The Syrris software team, hard at work in the Royston office
Syrris employees enjoying their weekly
Syrris Titan Pump Setup