自動試薬インジェクターモジュール

Asia自動試薬インジェクターは、高度な最適化やライブラリ合成ができます。不活性な条件下、自動で試薬を吸引し、サンプルに最大加圧20barで予加圧をかけることが可能で、最大40mLまでのバイアル瓶に対応しています。

製品概要

現在保有されているAsiaシステムに、Asia自動試薬インジェクタを追加し機能・生産性を向上させてください。

Asia自動化試薬インジェクターは、素早い反応条件の最適化や、自動で試薬のスクリーニング、複雑な化合物のライブラリ合成が可能です。

Asia自動試薬インジェクターモジュールは、コンパクトに設計され、高性能で試薬を自動送液することができます。試薬インジェクターは、不活性な条件下で試薬の取り扱い、両方のサンプル試薬に、非常に低い圧力をかけることもできます。

 

反応最適化をより早く

洗練されたAsia自動化システムにより、複数のサンプル導入と複数の実験を自動で実行することで、反応最適化に要する時間を格段に改善できます。Asia自動試薬インジェクターモジュールを用いることで、試薬プロセスが自動化され、お客様はより化学へフォーカスすることが可能になります。
複数の取り換え可能な試薬ラックを有しており、2つのチャンネルそれぞれに異なるラックの取り付けが可能です。実験と実験の間で、ニードルも自動的に洗浄されます。

ライブラリ合成

Asia自動試薬インジェクターとAsia Manager PCソフトウェアにより、ライブラリ合成がよりスピーディーに実行できます。
Asia自動試薬インジェクターモジュールは、サンプルループ内の試薬のプレ加圧や自動シリンジ洗浄により、化学者が実験の実施に費やす時間を大幅に短縮させます。

The Asia flow chemistry system and its modules has been designed to sit on top of each other, saving valuable lab space

コンパクトな設置面積

他の自動試薬インジェクターとは異なり、Asia自動試薬インジェクターは、幅16cm、奥行き30cmで、貴重な実験室スペースを節約します。このモジュールは、他のAsiaモジュールの上に載せる事もできるので、既存のAsiaシステムに自動試薬インジェクターを追加しても、新たにラボのスペースを必要とせずに、化学反応実験のスピードを大幅に向上させる製品です。

Syrris Asia Automated Reagent Injector Module

柔軟性

Asia 自動試薬インジェクターモジュールは、柔軟に実験パラメータを変更できます。取り外し可能なラックには、2 mL、8 mL、40 mLのバイアルを搭載でき、ノズルの洗浄ポットが用意されています。サンプルループ内の試料をマイクロリアクターに導入する前にサンプルを加圧する事で、分散と圧力の変動が最小限に抑えられ、極めて少ない試料量で取り扱いが困難だった試料を用いることができます。Asia Manager PCソフトウェアで、試薬スクリーニング、反応最適化、複雑なライブラリ合成など主なアプリケーションを完全に自動化します。

Asiaフローケミストリーシステムの自動試薬インジェクターモジュールのリリースは、化学者の実験にかかる時間を節約するための大きな一歩です”

Andrew Mansfield, Product Manager for the Asia flow chemistry system

Asia自動試薬インジェクターについて問合せ

自動試薬インジェクターモジュールを用いて、お客様の化学実験にどのような利点があるか興味がありませんか?下記のフォームをご記入の上、ご送信下さい。内容を確認の上、弊社からご連絡致します。

仕様

本体サイズ

高さ 500 mm x 幅 160 mm x 奥行 300 mm

オートメーション

Asia Manager PCソフトウェアを用いて、Asiaモジュール自動化が可能

運転圧力範囲

最大 20 Bar

接液部

PTFE, PCTFE, Stainless Steel (ニードル)

チャンネル数

2つの独立したシリンジは、2サンプルを同時に送液します

バイアル瓶ラック

2 mL, 8 mL,40 mL(取り外し可能)

サンプルループ容量

0.1 mL, 1 mL, 5 mL, 10 mL